kami-robo-logo名古屋パルコで開催されている"Kami-Robo Expo 2005"へ行って参りました。 この日は、"世界でただ一人のカミロボクリエーター"安居智博さんと、カミロボプロデューサー青木克憲さんのトークショーを見に(聞きに)行ったのだ。
まず、Kami-Robo(カミロボ)って何っていう人が多いと思うので、ちょっと解説を。

カミロボとは?

安居さんが小学生の頃から作っていた紙と針金で作ったロボットファイター達。安居さんはこれで小学生の頃から今まで遊んできたという。詳しくは公式サイトの"カミロボとは? What's Kami-robo"を確認してもらいたいのですが、驚くべきはその動き。俺はプロフィールにも書いてあるのだけど、WWEが好きなのだが、それに遜色のない動きを実現している。動力は安居さんの手だけだというのに。そして20年以上に渡る歴史があり、様々な団体の烏合離散を繰り返し今に至る。

俺が最初にカミロボを知ったのは週間アスキーの連載体験ルポ漫画。"世の中には変わった人がいるな〜"と思った程度だったが、その後しばらくしてスカパー!でカミロボのドキュメンタリーを目にする。そこで目にしたカミロボの動きにびっくり。WWEと遜色ないじゃないか!
そんなこんなで興味を持っていて、公式サイトをのぞいたりしてたんだけど今回名古屋にカミロボエキスポが上陸したというので、トークショーに合わせて行ってみた。

当初告知されていた会場へいったら"場所は変更になったよん"と言うポスター。レジで尋ねたら、グッズをもらえました。しかも会場は本日無料。15時からの開催に、14:50頃に着いたのだが、狭い会場に空席が目立つ。

トークショーは、やはりしゃべり慣れてないお二人、少々ぎこちなさが目立ったが、2人の出会いや、カミロボとの邂逅、そしてそもそもなぜカミロボを始めたか、等と面白い話を聞くことが出来た。安居さんは俺と同じ年ということで、世代的に共感できる話が多い。やはりガンダム世代ってやつですな。
終わり頃に周りを見回したら、立ち見もある盛況でした。
会場をゆっくり見た後、安居さんとお話ししたかったけど、高校生?に捕まっていたので、諦めました。

これはきっとバンダイがほっとかないなぁと思ったら、案の定バンダイから色々グッズがでてました。DVDや本とかもあって、欲しいなあと思ったのだけどあとでAmazon.co.jpで買えばいいやって思ってたらHMV限定らしい。。。。orz

妻とストラップを購入して帰りましたとさ。

関連リンク

ほぼ日刊イトイ新聞 - マイディア・カミロボ コメントを見る


カミロボエキスポ2005