日本SGI とフラワー・ロボティクスがマネキン型ロボットで共同事業を展開 コメントを見る
スーパーモデルの動きをするマネキン・ロボが登場--日本SGIなど開発:ニュース - CNET Japan コメントを見る
日本SGIと、ロボットのデザインを行うフラワーロボティクスは2月28日、共同で開発したマネキン型ロボット「Palette(パレット)」を製品化すると発表した。年内に事業計画を策定し、アパレル業界を主なターゲットとして販売する
Robot.Mとの優雅な平日:ロボットニュース【人が近づくとポーズを決めるマネキン型ロボット「Palette」】 - livedoor Blog(ブログ) コメントを見る
スーパーモデルのようにマネキンが動く - マネキン型ロボット「Palette」 | 家電 | マイコミジャーナル コメントを見る

日本SGIFlower Roboticsは共同開発したマネキン型ロボット"Palette(パレット)"(コードネーム)を発表しました。年内に商品化を目指すとか。
発表されたのはSGI Solution3 forum2005/ロボット フォーラム。Flower Robotics代表の松井龍哉氏の他、そうそうたる講師陣。聴いてみたかったなあ(理解できないだろうけど)。

発表前、日本SGI代表取締役社長CEOの和泉法夫氏のインタビュー記事があったが、そのタイトルが"「二足歩行で満足ですか?」ロボットの最先端を見せる日本SGI"。実際の記事中にはそんなにロボットへの言及は多くなかったのだが、印象的なやりとりを引用。

ITmedia 当日発表されるのは、手だけしかついていないような工業用ロボット、というオチではないですよね?

和泉 残念ながら当日をお楽しみに、としか言えませんが、日本SGIとしてはロボットの最先端をお見せできると思いますよ。
その後に、大事なのは二足歩行ではなく、それをどう利用するか、と言う話が続く。 で、出てきたのが"Palette(パレット)"

で、肝心のロボットは人感センサーが組み込まれており、人が近づくと動くことが可能だという。動画をみましたが、かなり"優美"な動き。

日本SGIとしては、アパレルの展示等に展開していく予定だとか。でも、夜間警備していて、深夜のデパートで動いたら怖いよなあ。。。(電源切ってると思うけど)。警備員もロボットかもしれないが。
既に、ルイ・ヴィトンの表参道店のオープニングなどで展示されていたそうだが、誰も気が付かなかったのかな?

SonyのQRIOはエンターテイメントを指向し、HONDAのASIMOはMobilityを目指す(トヨタもそうかな?でも楽器演奏するしな)。その他お掃除ロボットなんかがあるわけだが、それとは異なる指向の、よりビジネス的なロボットと言えるのか。確かにマネキンなら人との関わりが制限される分、安全性の問題も低そうだし、使われるシーンも限定されている分、使われ方も想像しやすい。
日本SGIとしては"ソリューション"として売り込むのでしょう。

日本SGIのロボットではフラワーガールposyが有名ですが、"Palette"はposyに比べて、配線が1/5で部品点数も削減しコスト削減を図っているとか。それ以前にシンプルなデザインに目がいきますが。

デザイナーはPINOposyでも有名な松井龍哉氏。以前、ロボット新世紀というヒストリーチャンネルの番組でみたのですが、この人は凄い人ですね。どう凄いかは同番組を見てくださいと言いたいところですが、DVDにもなってないし。と言うところで「Robot.Mとの優雅な平日」経由でインタビュー記事を知る。この人のバックグランドには物作りと生活があるのだなぁ。

この上体に見合った下半身(駆動機構)が付いたら・・・・等と妄想してしまうのは素人の性か。いずれにしても興味深い作品。欧米でどれぐらい受け入れられるのでしょうか?