ついに2億曲に--iTunes Music Storeからの音楽ダウンロードがさらに加速 - CNET Japan コメントを見る
Apple Computerは米国時間16日、iTunes Music Storeでの販売曲数が2億曲を突破したことを発表し、あわせて同社がこの売上の上昇傾向を維持するために新しい計画を用意していることも明らかにした
と言うことで、凄いですな。。。日本でも3月にiTMSが開始されると言う一部報道がありましたが、早く始まってもらいたいものです。

一方、KDDIは"着うたフル"が、開始3週間で36万ダウンロード突破と言う発表(着うたは2003年7月に累計1億ダウンロード達成)。iTMSが開始16日で200万曲ダウンロードされたことと比較すると、少し寂しいですが、市場規模及び対応端末数から見ると、なかなか好調のようです。

その他の音楽ダウンロードサービスのダウンロード数はどうかな、、と調べてみましたが、残念ながらどこも発表がありません。発表できるだけの実績がないと見るべきでしょうか。
8月のCnetの記事からの引用すると、
  日本の音楽配信市場はまだ立ち上がり段階にある。Moraの月間ダウンロード数は8月に約17万曲となる見通し。1999年に国内レコード会社として初めて音楽配信事業を開始したソニーミュージックエンタテインメントのbitmusicでも、月間平均ダウンロード数は約7万件だ。エキサイトNTTコミュニケーションズではダウンロード数を公表していないが、月間数千件とみられる。
「2004年を音楽配信元年に」--交錯する音楽レーベルと配信事業者の思惑 - CNET Japan コメントを見る
WindowsMediaPlayer10が登場し、そこから音楽配信事業者から購入→再生と言うことが可能になり、使い勝手の面で、iTMSに近づきつつあるようだ。
第7回:Windows Media Player 10で日本でも音楽配信が本格化するか:RBB NAVi (ブロードバンドコンテンツ 検索サービス)
また、Moraでは、東芝EMIの楽曲のCD書込が可能に、OCN Music Storeでは東芝EMIに加え、ワーナーミュージック・ジャパンのCD書込が可能になるなど、徐々に利便性が向上しつつある。
早いところ、各事業者が堂々と発表できる様になってもらいたいもの。 でもやっぱりiTMS待ちかな、俺は。